名古屋でのコンジローマのイボの出血の治療

名古屋でコンジローマの治療を受ける場合には最初の通院でコンジローマによるイボの確認をして性感染症が確認された場合に血液検査をして他の性感染症に感染していないかを確認します。コンジローマのイボは破れやすいので出血した血液を他の部分に接触させたりすると二次感染を引き起こします。名古屋には性病科の病院や保健所などで性感染症の検査ができるので、不特定多数のパートナーとセックスをしていて性器の周辺にイボ状の腫瘍ができた場合には速やかに保健所や病院で検査を受けなければなりません。名古屋市では広報などで無料相談やカウンセリング、病院紹介などを行っているので、これらの情報を確認してコンジローマの早期発見のための検査を受けることが感染を拡げないための一番良い方法です。コンジローマはウイルスによって感染する性病なので、出血した血液やイボから出る液体に触れると感染するので、セックスの相手の性器の周辺にコンジローマによるイボ状の腫瘍を発見した場合にはセックスを中止して感染予防をしなければなりません。一般的にはコンドームを正しく使用することで感染を防ぐことができるとされていますが、女性の場合は子宮内部にコンジローマのイボができている場合があるので、オーラルセックスでも感染する可能性があります。イボ状の腫瘍からの出血は下着やジーンズなどによる摩擦で起きるので、なるべく柔らかい素材の下着を着用して刺激をしないようにすることが大切です。治療法としては軟膏薬によるものと外科手術によってイボを切除する方法がありますが、どちらも再発率が高いので完治するためには根気よく治療を行うことが重要です。また子宮頸がんのリスク要因にもなるので、ワクチン接種をしてリスクを減らすことも大切です。