イボが出来る疾患の尖圭コンジローマとは

尖圭コンジローマという疾患にかかるとイボが出来ます。この疾患はHPVというウイルスの感染が原因でおこりますが、通常、男性の亀頭や陰茎、女性の外陰部や膣は重層扁平上皮というとても丈夫な組織で作られているため、ウイルスが付いた程度では感染することはありません。
しかし、性交渉の時はこすりあう行為になるので、目には見えないような小さな傷がつきます。そのような小さな傷からHPVウイルスが侵入することによってこの疾患をおこします。
また、尖圭コンジローマの感染をしている男性の精液の中からも同じ型のウイルスが発見されました。このことから精液を介して感染するのではないかとの説もあります。
女性の場合は、大陰唇、小陰唇、膣前庭、膣の周辺にイボが出来ます。このイボが出来ても痛みを伴うことはないのですが、痒みが出る場合があります。
男性の場合は亀頭部、陰茎、包皮、冠状溝、陰嚢に乳頭状(おわんを伏せたような形)、鶏冠状(ニワトリのトサカ状やカリフラワー状の形)のイボが出来ます。色はうすい紅色や褐色のものが多発して現れることが多く、女性の症状と同じように痛みを伴うことはありません。
尖圭コンジローマは、イボが出来ている部分に薬を塗って治す方法と、手術をしてイボを取り除く方法があります。治療方法は医師がイボの状態を見て、薬を塗る治療法にするか手術で取り除くかを判断します。薬を塗る方法は時間がかかることも多いので正しく薬を使用し、根気よく治療を続けることが大切です。薬を塗る方法ではなく手術の方が良いと判断された場合は、液体窒素を使用する凍結療法、電気焼灼、レーザー、特殊な器具を使用して行う外科的切除の方法で手術します。この疾患はイボが出来ても痛みがないため、自覚症状がないまま相手に感染させてしまう危険があります。疑いがあったり、異変に気付いた場合は病院へ行き検査をしてみましょう。