放置はだめ!尖圭コンジローマ

尖圭コンジローマとは、性器や肛門付近にニワトリのトサカ状(カリフラワー状)、もしくは乳頭のようなイボができる性感染症(STD)です。
イボは、外科的手術を行って切除する場合も多いのですが、ウィルス自体を完全に取り除くことは難しく、3か月以内に約25パーセントの方が、再発するといわれています。

尖圭コンジローマの症状については、男性、女性共に同じような症状が出ます。
前述しましたように、薄ピンクまたは茶色のニワトリのトサカ(カリフラワー状)、もしくは乳頭状のイボが、男性の場合には、陰茎や亀頭、包皮の内側、陰嚢などに出て、女性の場合には、大小陰唇や腟前庭、腟、子宮頸部などに出ます。
また、男女共通して、肛門内や肛門周辺、尿道口に出ることもあります。
進行するとイボは徐々に大きくなり、数も増えていきます。

尖圭コンジローマを放置すると、パートナーに感染させてしまうという可能性があるために、放置は絶対にダメです。
性感染症の拡大を防ぐために、病院を受診するようにしましょう。
また、一般的には、尖圭コンジローマは、良性のHPV(ヒトパピローマウィルス)ですが、まれに悪性型に感染する場合があります。
悪性型に感染した場合には、女性は子宮頸がん、男性の場合には陰茎がんを引き起こす可能性があります。
放置したままだと、イボの数の増加や、面積の拡大といったリスクも高くなります。

妊娠している場合には、尖圭コンジローマは、出産のときに、産道で赤ちゃんがウィルス感染してしまう危険性があります。
その結果、生まれてきた赤ちゃんにも、尖圭コンジローマが発症したり、のどにイボができる多発性咽頭乳頭腫が、稀にあらわれることがあります。

●クラビットのジェネリックであるレボクインがオススメです。